大事なこと

 何よりも大事なのはあなたの感じること、直観、そして決断です。

 人間には想像を超える大きな可能性があります。

四柱推命 / 算命学ではその人の本質、持って生まれた能力などを把握することができますが、初対面の人、ましてや実際に会ったこともない人について この人はこれこれこういう人だ、こうすべきだ、しなければならない、これはダメだ などと決めつけ、指図するようなことは 私はいたしません。

陰陽五行解析で何もかも細かいことまで分かると思うなど、人間の可能性を無視する思い上がり以外の何物でもないからです。

 命式からはその人の持つ様々な可能性と、その人らしく生きられる大まかな方向性を見ることができます。でもその数ある選択肢の中から どんなシーンでどれを意識的に選択して使っていくのか、つまり 自分はどうしたいのか は本人にしか分からないことで、それこそが何よりも大切なこと です。

​ そしてまた世間一般では四柱推命 / 算命学は占いのカテゴリーに属すため、当たる or 当たらない もしくは予言、霊的な何かでもにょもにょ・・といったことをイメージされる方も多いかと思います。

けれども 四柱推命も算命学も 生まれてくる時に持ってきた人生の青写真を解析し、実生活にどんどん活用していくためのツール です。だからこそ活動のテーマをいわゆる鑑定ではなく、人生に生かすために何ができるかを一緒に考えるという意味で『 四柱推命を使った人生戦略作戦会議 』としました。


 というわけで、当てもの感覚で予言的な話を期待される方のご期待には沿えません。また私には霊能力もありませんので、そういう方向の何かを期待される方は他をあたって頂いた方がいいかと思われます。

 どんな時も、必要な答えや力は必ずそれを必要としている本人の中にあります。私は命式から得たたくさんの情報をお話しすると思いますが、それを聞いて少しでも違和感があれば、必ずご自身の違和感の方を優先して下さい。どんな場面でも自分の外側にある人やモノに力を譲渡することはありません。直感、感覚、心の動きこそがいつも求めている « 自分の内側にある答えと力 » に向かうナビゲーションだからです。まずご自身を中心に据えた上で、私からの情報をご活用いただければ幸いです。

≪ 関連参考記事 ≫

 四柱推命鑑定士の有効利用方法、自分の人生を誰か・何かに乗っ取られてはいけない その1

その2 その3 その4

持っている星を最大限活かすことで人生がどんどん明るい方向へ開けていく仕組みについて

万物流転と“自分の持つ星を活かせば人生が明るい方へ開けていく”の話 その1

その2 その3